フリーページ
ショッピングカートを見る
カテゴリー
おすすめ商品
ショップ紹介

ファームいせはら「自然薯大山」
伊勢原市は、神奈川県のほぼ中央に位置します。大山山麓の温暖な気候に恵まれ、良質で味の濃い美味しい自然薯ができるんですよ。丹精込めて育てている自然薯や黒枝豆をぜひ味わってください。

■営業時間
月曜日〜金曜日:午前9時〜午後5時
※土日祝日は、出荷がお休みとなります。
※出荷対応、お問い合わせ対応は、営業時間内となります。

※ご注文は、24時間承っております。





※年末年始は12月29日〜1月4日までお休みを頂きます。12月27日が年内最終注文受付、12月28日が最終出荷日(日付指定は承ります。)となり、それ以降のご注文は1月5日より出荷です。ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い致します。



■お問い合わせ先
TEL:0463-73-5153
E-mail:shop@jinenjyo-ooyama.com

■自然薯栽培ブログ更新中
ファームいせはら自然薯農園日記



■「自然薯大山」携帯ショップ
当店は、携帯・スマートフォンでもお買い物していただけます。

http://www.jinenjyo-ooyama.com/
自然薯大山モバイルショップQRコード

rss atom
自然薯レシピ
ファームいせはらの自然薯レシピ

自然薯は様々な創作料理に向いています。
擦る、焼く、蒸す、揚げるなどのいろいろな食べ方、カットしてサラダにも。
こちらのページでは自然薯のレシピをご紹介します。

自然薯の擦り方・下処理についてはこちらのページをご覧ください。





ファームいせはらのととろ汁とろろ汁(とろろごはん)

代表的な食べ方です。

(1) 下処理した自然薯をすり下ろします。
(2) 濃いめの味噌汁やしょう油、だし汁を作ります。
(3) すり鉢で、汁を少しずつ入れ良く伸ばします。
自然薯とだし汁の割合の目安は、自然薯60%だし汁40%くらいです。
(お好みで調整してください。)





ファームいせはらの自然薯磯部揚げ自然薯磯部揚げ

すり下ろした自然薯を板海苔で親指程度の太さに巻き、油で揚げます。
温かいうちに、塩やしょう油で食べます。





ファームいせはらのマグロの山掛けマグロの山掛け

ぶつ切りにしたマグロにとろろをのせ、わさびしょう油でお召し上がりください。





冷凍とろろの食べ方

解凍方法:冷蔵庫にて自然解凍し、お急ぎの場合は水道水で解凍してください。

冷凍とろろを解凍すると「すり下ろしとろろ」になります。
冷凍味付きとろろを解凍すると「とろろ汁」になります。


その他にも、クックパッドの「ふぁーむいせはらのキッチン」で、新しいレシピをどんどん公開していきます。




トップページへ